夏バテを防ぐ食べ物とは?

毎日の食事で何気なく食べている食べ物。
それが、夏バテの予防に役立つこともある、ということを知っていますか?

ここでは、できれば防ぎたい「夏バテ」を食べ物によって予防する、という事について解説をしていきます。

そもそも、夏バテにはなぜなるの?

その前に、なぜ夏バテが起きるのでしょうか。
一般的には、日本の夏は高温多湿になることが多いため、その結果体調を悪くして夏バテになる、と言われています。
人は、高温多湿の環境下においては、体温を一定に保とうとして、自律神経が頑張ってしまいます。
それが原因で体が疲れきってしまい、自律神経が乱れて、それが原因で夏バテになる、と言われています。
また別の原因として、エアコンなどの冷房によって、室内の温度が低くなっている一方で、屋外は暑く、室内と屋外の温度差が原因となり自律神経の乱れが起きて、これも夏バテの原因と言われています。

では、夏バテになってしまうと、具体的にはどんな症状が出るのでしょうか?
自覚症状としては、食欲が出ない、疲れがなかなかとれない、そして眠りが浅くなってしまう、などがあります。

夏バテ対策

では、夏バテの対策法には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、主なものを4つ紹介します。

  • 水分補給
  • 睡眠
  • 汗をかく
  • 食べ物

この4つの中で、この記事では食べ物による夏バテ対策について述べていきます。

食べ物で夏バテ対策

夏は気温が高く、そのせいで食欲不振になりがちです。
でも、それで食事を抜いてしまったり、食事を減らしてしまうことはとても危険な行為なんです。
ちゃんと食事をしないと、体の抵抗力、そして体力が回復しづらくなるため、体調を悪くしてしまう原因にもなります。
そして、夏の暑い時にはどうしても素麺などの炭水化物だけを多く食べてしまいがちになります。
それが原因で栄養バランスを崩してしまいます。
炭水化物ばかり食べてしまうと、たんぱく質が不足したり、夏の暑さで汗を沢山かいて、それが原因でビタミンやミネラルが不足しがちです。
だからこそ、このような栄養素について、積極的にとるようにしたいものです。

具体的な夏バテ対策の食べ物

夏バテ対策になる栄養素についてはわかりました。
では、具体的にはどのような食べ物を食べるといいのでしょうか?

一回の食事について、肉や魚、大豆製品などでたんぱく質を、汗で失われてしまうビタミンやミネラルについては、野菜や果物を積極的に食べることで補いましょう。

ですが、暑さのせいで積極的に食べることが難しいと思います。
暑いときに食欲を出すには、一体どうすればいいのでしょうか?
例えば、どうしても食欲が出ない、という時には、カレーなどのスパイスや、しょうがなどの香味野菜などを上手に使いましょう。
そして、夏の疲労回復には、レモンや梅干などに含まれているクエン酸にも高い効果が期待できます。
また、豚肉やレバー、大豆製品やうなぎなどに含まれるビタミンB群にも、疲労回復の効果があります。
それから、ネギやにんにくにはアリシンという成分が含まれていて、これと一緒に食べることでビタミンB1の吸収率を高めることが可能です。
そして、緑黄色野菜には、ビタミンやカロテン、食物繊維やカリウムなどのミネラルも豊富に含まれていて、特に旬の野菜については栄養が多く、夏バテ対策に積極的に取り入れたい食材です。
野菜の中でも特におすすめのものは、トマト、かぼちゃ、ピーマンが挙げられます。
それから、暑いからといっても、冷たいものばかりを食べてしまうと、体が冷え、胃腸が弱ってしまいます。
ちゃんと温かい食べ物も食べるようにしましょう。
例えば、野菜をたっぷり入れたスープや味噌汁などを、朝ごはんに食べるといいです。
朝に食べる理由は、朝食は一日の中で最も大きな熱を作り出します。
朝ごはんに温かいものを食べれば、代謝が上がり、その結果夏でも疲れにくい体になっていきます。
きちんと栄養を考えた食事を食べる、温かいものをとる、これを実際に実践して、夏バテを防ぎましょう。

Follow me!

前の記事

今年の夏は猛暑!