生活習慣で熱中症を防ぐ

生活習慣と熱中症の関係

普段の生活の中で、ほんの少しの工夫をするだけで、熱中症を予防することも可能です。
ここからは、簡単に日常生活の中で実行できる生活習慣について説明をします。
その前に、熱中症になりやすいのはいつなのか、少し説明をします。
熱中症になりやすい時期を知れば、生活習慣の改善をいつごろからすれば良いのか、という目安になると思われるからです。

熱中症になりやすいのはいつ?

熱中症といえば、夏の暑い時期になりやすい、ということは想像できると思います。
では、具体的には、何月ごろに最も熱中症になりやすいのでしょうか?
熱中症が発生する時期は、毎年7月から8月ごろに最も発生をしています。

その中で最も熱中症が増える時期は、梅雨が明けた後すぐの、急に暑くなっていく7月。
まだ体自体が暑さに慣れていなくて、熱中症になり医療施設に救急搬送される人が急激に増えます。

熱中症はなぜ起こる?

次に、熱中症がなぜ起きるのか、ということを説明します。
なぜなら、熱中症になる原因を知っておけば、それを避けることもできて、熱中症になるリスクを下げる事に繋がる可能性があるからです。

熱中症がおこるメカニズムは、気温が高い環境において、体温の調節がうまく出来なくなり、熱が体内にこもることで起こると考えられています。
また、熱中症にかかりやすい人は、高齢者や慢性的な病気を抱えている人で、その中でも糖尿病の人の場合、高血糖の状態が続いていると、熱中症に気付きにくくなるため、特に注意が必要です。

熱中症の起きる場所

熱中症になりやすいのは、どのような場所が多いのでしょうか?
涼しい室内ではなくて、暑い屋外でしか熱中症にはならない、と思われるかもしれませんが、実はそうともいえないのです。
熱中症は屋外で起こる、と思われがちですが、意外と屋内での発症も多く、その原因の一つに、冷房を使うことを控えたり、冷房の設定温度を高めにしていたりする場合には、屋内にいたとしても熱中症にかかりやすくなります。

熱中症を予防する生活習慣

では、ここからは実際に普段から実行できる、熱中症予防のための生活習慣について解説をしていきます。
まず、熱中症予防の基本は、「水分補給」です。
例えば、運動している間、そして運動の後に水分補給をするだけではなく、運動をする前にも水分補給をすることが大切。
暑く、湿度も高い状況下では、喉が渇いてから水分補給をしても遅い、という場合が多いからです。
また、屋外に出る場合には帽子などで直射日光を避けて、無理をして屋外に出ない事も大切。

さらに、寝ている間には水分の補給をしないため、寝る前、そして起きたときに水分補給をしましょう。

そして、エアコンもうまく使いましょう。
電気代がもったいない、と思うかもしれませんが、そのせいで熱中症になってしまったら、意味がありません。

また、温度計や湿度計を使うことも大切。
体感に頼ると、実際には危険な状態になっていても、気付かない場合があるからです。
基本的には、室内は温度28度以下、湿度70%以下になるようにエアコンを調節します。

高齢者などの場合、汗をかかなくなり、汗が蒸発するときに熱を奪うことで体温を下げるため、汗をかかないとうまく体温調節が出来なくなってしまいます。
さらに、部屋が暑くなっていても、それにすぐに気付いてエアコンを入れたりすることが難しい場合もあり、体感に頼らず、温度・湿度計を使い、きちんと温度と湿度が確認できる状態にしておくことが大切。

熱中症の危険がある場合には、外出をなるべくしないようにして、室内に居る場合にもエアコンなどで適切な温度と湿度にすることが大切です。

熱中症を防ぐ生活習慣のまとめ

さて、ここまで熱中症を防ぐための生活習慣について説明をしてきました。
これについてまとめて見ます。

熱中症を防ぐには、
1、暑さを避けてすごす
2、部屋を最適な温度と湿度にする
3、水分補給をする
4、適切に休憩をとる
5、栄養をきちんととる

この5つが基本になります。

熱中症は、普段から生活習慣に気をつけて、今まで話してきたことなどを実際に実行するようにすれば、予防も可能です。
ただ、これを実行したからといって、絶対に熱中症にならない、という物ではありません。
もし熱中症の可能性を感じたら、きちんと医療機関を受診しましょう。

Follow me!