夏バテを予防するための生活習慣とは

夏バテはつらいものです。
出来れば、暑い夏に負けないよう、元気に過ごしたいものですよね。
そこで、夏バテにならないために、普段から出来ることをまとめてみました。

夏バテの主な3つの原因

夏バテは、なぜ起きるのでしょうか?
主な要因としては、次の3つの事が考えられます。
夏バテは、
1、夏の暑さのために汗を大量にかいてしまうこと
2、食欲不振になり、その結果たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足すること
3、暑い屋外とエアコンの冷房の効いた室内との温度差による自律神経の乱れ

この3つが主な原因となって発症をする、と考えられています。
この原因を解消するために、普段の生活習慣において出来ることがあります。
次からは、それを紹介していきます。
生活習慣を見直すことで、夏バテを予防したいものです。

夏バテ予防の生活習慣のポイント

1、きちんと食べる
暑い夏には、食欲もなくなってしまうことも多くて、ちゃんと食べなくなってしまうこともあります。
でも、それでは夏バテになりやすい体になってしまうんです。
夏バテの予防のためには、まずはしっかりと食事をして体力をつけておくことが大事。
食事の内容も、特に夏バテに効果が期待できるものを意識して食べるほうが良いでしょう。
例えば、ビタミンb群、クエン酸を含む食品を食べることで、疲労回復の効果が見込めます。
ビタミンb1やb2を多く含む食べ物は、豚肉やうなぎ、大豆などがあります。
また、クエン酸を多く含む食べ物では、レモンや梅干し、グレープフルーツなどがあります。
これらの食品を上手に普段の食事に取り入れて、夏を乗り切りたいものです。

2、水分補給をきちんと行う
暑いときには汗を大量にかき、その結果、体内の水分が多く失われてしまいます。
そのため、水分補給が欠かせません。
ですが、暑いからといって冷たい飲み物、というわけにはいかないようです。
冷たい飲み物は胃腸の働きを悪くするため、温かい飲み物を少量ずつこまめに飲むほうが、夏バテ予防のためにはいいんです。

それから、暑い夏にはキンキンに冷えたビール!と思う方も多いかもしれませんが、実はビールなどのアルコールでは水分補給にはならないんです。
ちゃんと、水分を摂るようにしたいものです。

3、冷房で冷えすぎないように!
冷房はきちんと使えば、夏バテの予防に役立ってくれます。
設定温度がポイントで、室内と外の温度差は5度以内にするのが理想的です。
ただし、会社などで冷房の調節が出来ない場合なら、お腹や首周り、足首などが冷えないよう、隠れるような服を着ることで冷えを予防しましょう。
それから、お風呂の入り方についても気をつけることがあります。
夏は冷房で体が冷えていることも多いので、シャワーだけでなく、きちんと湯船につかって体を温めることも大切です。
そして、お風呂から上がったら、きちんと水分も補給しておきましょう。

4、睡眠はしっかり
最近の夏は気温が高くなって、寝苦しいことも多くなっています。
暑いと睡眠の質が下がってしまい、それが夏バテの原因になる場合もあります。
そこで睡眠の環境を整えることが必要になってきます。
温度と湿度がポイントで、睡眠の質を上げるためには、個人差はありますが夏は室温26度程度、湿度は50%から60%くらいが理想でしょう。
室内の温度調節にエアコンの冷房を使うなら、冷えすぎを防ぐため、タイマーを二時間から三時間で切れるようにしたほうが良いでしょう。

以上のような生活習慣を心がけて、夏バテを予防したいものです。

Follow me!